Page tree



Targeted PMP(ターゲテッドPMP)について

PubMatic Targeted PMPでは、大規模なPMPディールを迅速に作成できるよう、下記に示すシームレスなリアルタイムでのプランニングツールをご提供しています。 


  • 使いやすさ: データの取り込み、インベントリの検索、優先するパブリッシャーをターゲットし PMP ディールを簡単に作成することができます。
  • インベントリの最適化: 各オーディエンスに最適な広告枠(ドメイン、カテゴリ、広告フォーマット、プラットフォーム)を見つけ出し、関連するディールをセグメントに合わせて調整します。
  • PMPのスケーリング: オーディエンスや、直感的な UI から複数のパブリッシャーを絞り込むなど、様々なターゲティング基準を使用しディールを絞り込みます。
  • リアルタイム・プランニング: ディールの作成中に、リアルタイムで PMP キャンペーンのリーチとインプレッションを予測します。

Targeted PMP の作成

以下の手順で、または Targeted PMP の作成方法 の動画をご覧ください。

  1. Media Buyer Console (メディア・バイヤー・コンソール)に入り、Create Targeted Deal (ターゲテッド・ディールの作成)を選択します。
  2. Deal Information (ディール情報)に入ります。
  3. 下記のガイドラインを使用してTargeting (ターゲティング)を選択してください。
  4. Impression (インプレッション)を確認してください。リアルタイムにアップデートされます。
  5. ディールを作成します。

Deal Information(ディール情報)

Deal Name (ディール名)に入り、Transaction Dates an DSPs DSPトランザクションの日付)または、このディールのバイヤーを選択します。


Targeting(ターゲティング)

  1. Inventory(インベントリ):
    1. Publishers(パブリッシャー) 
    2. Ad Format(Ad フォーマット)
    3. Platform(プラットフォーム)
  2. Geography(ジオ/地域)

    1. Country(国)
    2. City(都市)
    3. DMA(ダイレクト・マーケティング・アソシエーション)
  3. Audience(オーディエンス) 

Inventory(インベントリ) > Publishers(パブリッシャー)

下記のオプションを使用して、最大20までのパブリッシャーを選択することができます。


  • ドロップダウンリストから、各パブリッシャーを選択または選択解除します。
  •  一括アップロード用の CSV テンプレートを使用します。

Targeted PMP のディールに含まれるパブリッシャーは、PubMatic システム内で次の基準を満たす必要があります。


  • アカウントがPMPに対応していること
  • Simplified Priority P16 (シンプリファイド・プライオリティ P16) を使用していること
  • ユニファイド・アドサーバーを使用していないこと

オプション 1: リストからのパブリッシャー選択

  1. パブリッシャーのドロップダウンメニューを選択し、左側のリストから各パブリッシャーをクリックし選択します。 選択したパブリッシャーの右側にある「X」を使用してリストから削除、またはClear All(すべてクリア)を選択しすべてのパブリッシャーをリストから削除します。

  2. Done (終了)をクリックします。 選択した内容でサマリーが更新されます。

オプション2: パブリッシャーの一括アップロード

  1. Download CSV(CSVのダウンロード)テンプレートをクリックして、利用可能なパブリッシャーのリストと更新する PubID をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたCSVファイルから、含めたくないパブリッシャーを削除して変更を行った内容を保存します。
  3. Inventory Targeting(インベントリ・ターゲティング)セクションで、Upload File(ファイルのアップロード)をクリックします。

Inventory(インベントリ) > Ad Formats(Ad フォーマット)

このディールでターゲティングされる Adフォーマット(バナーとネイティブ、動画)を選択します。 


 

Banner and Native(バナーとネイティブ)

  • バナーとネイティブを別々に選択することはできませんが、ネイティブ・クリエイティブのみが追加された場合は、ネイティブインベントリのみがターゲティングされます。
バナーとネイティブ、動画の両方が選択されている場合、詳細な動画ターゲティングは利用できません。  (Video (動画)が左側のパネルでグレイアウトされます) これは、動画ターゲティング設定の詳細がバナー広告とネイティブ広告枠を制限するためです。

Video(動画)

  • Banner and Native(バナーとネイティブ)を選択せずに、Video(動画)を選択すると左側のパネルから追加の動画ターゲティングオプションを選択することができます。
  • 左側のTargeting(ターゲティング)パネルでVideo(動画)を選択し、詳細な動画ターゲティング属性を選択します。(下記の説明参照)

 

Video Ad Formats(動画広告フォーマット):

  • Linear (リニア): 動画コンテンツがパブリッシャーによって表示される、前 / 表示中 / 表示後に配信される動画広告を示します。
  • Non-Linear (ノンリニア): ビデオコンテンツと並行して掲載されるビデオ広告を示します。これにより、パブリッシャーは継続してコンテンツを表示することができます。

Ad Position(広告の位置):

  • Pre-roll (プレロール): 動画コンテンツが再生される前に、表示される動画広告です。
  • In-roll (ミッドロール):動画コンテンツの再生中に、表示される動画広告です。
  • Post-roll: (ポストロール): 動画コンテンツの再生後に、表示される動画広告です。

Playback Method(プレイバック方法): 動画/オーディオが再生される条件を説明します。


  • Auto-play sound off(自動再生 サウンド・オフ)
  • Auto-play sound on(自動再生 サウンド・オン)
  • Click-to-play(クリックして再生)
  • Mouse-over(マウス・オーバー)

Skippable (スキップ可能): Yes (はい)、No (いいえ)、Any (いずれも)

Skip Delay (スキップ遅延): 秒数を入力します。

Skip Delay Override (スキップ遅延オーバーライド): 秒数を入力します。

Players Size (プレイヤー・サイズ): All (すべて)、Small (小)、Medium (中)、Large (大)


Inventory(インベントリ) > Platforms(プラットフォーム)

このディールでのプラットフォーム・ターゲティングオプションを選択します。


  • Desktop(PC用)
  • Mobile Web(モバイル用)
  • Mobile App iOS(iOS モバイルApp用)
  • Mobile App Android(Android モバイルApp用)

Desktop (PC用)が選択された場合、詳細なモバイル・ターゲティングは利用できません。 (パネル左側のMobile (モバイル)がグレイアウトされます)

これは、詳細にモバイル・ターゲティングを設定すると、PC用のインベントリが制限されるためです。


モバイル・ターゲティング

Desktop (PC用)を選択せずにモバイル・プラットフォームを選択すると、左側のパネルから追加のモバイル・ターゲティングオプションを選ぶことができます。左側のTargeting(ターゲティング)パネルでMobile(モバイル)を選択し、詳細なモバイル・ターゲティング属性を選びます。(下記の説明参照)

Latitude/Longitude(横/縦):  Yes(はい)/ No(いいえ)

Device Id Type(デバイス IDの種類):  All (すべて)、またはデバイスの種類を選択

Mobile OS(モバイルのOS):  All (すべて)、またはデバイスのオペレーティングシステムを選択

Browsers :  All(すべて)、またはブラウザを選択

Geography(ジオ/地域)

このディールのターゲットとしたいリストから、1つ以上のエリア(地域、国、都市、または指定したマーケットのエリア)を検索します。選択したエリアが右側の Summary(サマリー)に表示されます。選択したエリアを削除するには、「X」を使用します。

Audience(オーディエンス)

バイヤーのファーストパーティデータ、パブリッシャーのファーストパーティデータ、および PubMatic データを選択に含めることができます。追加したいプロバイダでリストを絞り込みます。このディールでターゲットにしたい 1つ以上のオーディエンスをリストから選択します。 選択したエリアが右側の Summary(サマリー)に表示されます。選択したオーディエンスを削除するには「X」を使用します。


ご注意 : PubMaticデータはグローバルです。特定の国のユーザーをターゲットにする場合は、Geo(地域)ターゲットを追加することをお勧めします。


リアルタイムでのインプレッションの有効性

ターゲティングを選択すると、画面右でインプレッションがリアルタイムで更新されます。



'Impressions Available(利用可能なインプレッション数)' は、PubMatic が過去30日間にパブリッシャーから受信したアドリクエストの数に相当します。

  • データは、DMA / エリア / 都市レベルでは利用できません。
  • 複数のオーディエンス・セグメントを選択することはできますが、オーディエンス全体でインプレッションが重複することから、使用可能なインプレッション数が増大する可能性があります。



 

それぞれのオーディエンスのインプレッションを得るには、Show Data(データの表示)をクリックしてください。




Summary(サマリー)

Summary(サマリー)セクションでは選択したターゲティング / バイヤーの基準、選択したフィルタに一致する利用可能なすべてのインベントリが表示されます 。(上記のSummary(サマリー)テーブル)


  • 特定のパブリッシャーを検索するには、Find(検索)ボックスを使用します。
  • フィルタメニューを使用し特定のプラットフォームと、広告フォーマットを含めるようサマリーをフィルタし、ターゲティングとバイヤー基準に一致するすべてのパブリッシャーを表示するか否かを指定します。 
  • ディールから不要なインベントリを削除するには、その横にあるRemove(削除)をクリックします。このディールに含まれていないインベントリを追加するには、Add(追加)をクリックします。 

Create Deal(ディール/取引の作成)

すべての選択が完了したら、Create Deal(ディール/取引の作成)をクリックします。

作成したディールがグレー表示されている場合、必須フィールドへの入力が完了していないことを表します。

親および子ディール

バイヤーが MBC で複数のパブリッシャーを含む Targeted PMP を作成した場合、各パブリッシャーに対して「子ディール」が作成されます。すべての子ディールは1つのディールIDで処理が行えますが、それぞれの子ディールには異なるディール名が付けられます。親レベルで行われたディールのステータス変更または編集内容は、その子ディールにも反映されます。ステータスの変更(一時停止または再開)は、それぞれの子レベルでも行うことができ、その内容は他の子ディールまたは親ディールには影響しません。

子ディールを表示するには、リスト内の ディールID または 親ディール のハイパーリンクのない部分をクリックし展開します。

デモ:

Targeted PMP の編集、アクティブ化、非アクティブ化

詳細につきましては Media Buyer Console (MBC) での Targeted PMP(ターゲテッドPMP)の表示、編集 を参照ください。