Page tree

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 2 Next »

Tipalti FAQ (Japanese Language Version)

PubMatic税に関するアドバイスを提供することができませんので、ご留意をお願いいたします。このFAQにおける税関連の情報は、税、法律または投資に関するアドバイスとして解釈されるべき内容ではございません。税関連の問題について質問がある場合は、専門家相談をお願いいたします。 

1. 支払登録を完了する方法に関する問い合わせ先は?

Tipaltiは、登録を完了するために、役立つFAQを用意していますそのFAQPubMaticがご提供するこのFAQが、貴社のご質問に対応していない場合はbilling@pubmatic.com(英語)または各担当者にご連絡をお願いいたします

2. Tipaltiとは? 

Tipalti」とは、当社が導入したパブリッシャー様への支払を円滑に実施するためプラットフォームです。 Tipaltiは、世界的に評判の高い支払いプラットフォームの1つでPubMaticからの支払いを貴社がスムーズに受領いただけるように設計されています。

3. 登録情報を入力するためにポータルにアクセスするには 

ご登録は、PubMatic UI をログイン後、右上にある「Payment Setting」を選択し、「Payee 

registration information」(支払い登録情報)と「Payment details」(支払詳細情報)への必要事項の情報の記入が必要になります。PubMatic UI にアクセスできない場合は、社の各営業担当までご連絡をお願い申し上げます。なお、情報登録は、10分以内で完了できる内容となっております。

4. 詳細を更新するリクエストを複数受信する理由とは?

お支払い用のアカウントを複数お持ちの場合、各アカウントへのお支払いを確実に行うために、アカウントごとに必要な情報を個別にご記入をお願いいたします。複数のアカウントに同一の電子メールアドレスを登録しようとするとエラーが発生する可能性があるため、アカウントごとに個別の電子メールアドレスの設定をお願い申し上げます。 

 

複数のアカウントを統合する場合は、billing@pubmatic.com(英語) または各担当者まで、①統合が必要なアカウント情報 

②統合の内容:「明細書の統合(statement combined または「支払いのみの統合(just payment  combined)」をご記入いただきご連絡ください。ご希望にあわせて弊社にてアカウントをマッピングさせていただきます。 

5. 登録のプロセスとは?

登録のプロセスとは? 

登録完了までには、以下のつのプロセスがあります。 

  1. Address:住所をご記入ください
  2. Payment Method:支払い方法をご選択ください
  3. Tax Forms: W-8BEN-Eの記入をお願いいたします。
  4. Done:登録完了

各セクションで、Nextをクリックすると自動的に情報が保存されるので、各セクションに動できます。Address」のセクションでは、住所の検証が行われるため、Nextをクリックした後、画面の上部までスクロールして住所を確定する必要があります。 

6. 契約通貨が利用できない場合は

システム初期デフォルト現地通貨が設定されていますが、契約通貨と一致する通貨を選択できるように支払方法を選択できます

7. 貴社名と銀行口座名が異なる場合は?

Tipaltiは、「氏名」または「貴社名」への支払いのみが可能ですしかし、銀行口座に貴社名とは異なる受取人名が設定されている場合、その別名と理由と共にbilling@pubmatic.com または各担当者までご連絡くだされば、貴社名とは異なる銀行口座名を入力できるように設定を有効にいたします。

8. 銀行口座が会社の住所以外の国にある場合は?

登録プロセスのステップ1Addressを完了時に下部の「Payment Country支払い国を選択してください。このセクションが利用できない場合は、billing@pubmatic.com(英語)または各担当者までご連絡をお願いいたします。 

9. 支払いを受領するために、納税申告書に記入する必要がある理由は?

米国法人から、利子、配当、賃借収入、使用料などの支払を受ける際に、源泉税の免除を受けるため、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)に税金申告書を提出する必要があります以前ご提出いただいた場合も、この新システム導入により、提出頂く必要があります。納税申告書のご提出をいただかないと、支払いができないため、恐れ入りますがご協力のほどお願い申し上げます。

10. 記入する納税申告書は?

米国を拠点とするパブリッシャー様は「W-9を、米国外のパブリッシャー様には、「W-8BEN-E」を選択し記入をお願いしております。 

11. W-8BEN-Eの記入方法は? 

W-8BEN-E のフォームの記入の仕方: 

  • Part 1Identification of Beneficial Owner):名前と住所の情報を入力。
  • Part 1Identification of Beneficial Owner (Continued)):国内で提供されているForeign Tax Numberを入力します。米国の納税者番号を取得する必要はありません。
  • Part 2:(Claim of Treaty Benefits):貴社に当てはまる場合には、以下のようにチェックボックスにチェックし、源泉徴収0%を確定するために請求の特別料金と条件を選択してください。

 

Review: 記入情報をご確認ください 

  • Part 3 (Certification):すべてのチェックボックスをオンにして確認してください。注:Line1= Name of Organization です。

’. その他、W-8BEN-Eでよくあるご質問 

  • Part 2:(Claim of Treaty Benefitsで何を選べばよいかわからない:Claim of Treaty Benefitsのページのチェックボックスをチェックして頂き、Japanを選択してください。 

その後、貴社に当てはまる項目をチェックいただく必要があります 

 

詳細ですが、 

Government: 

  • 政府—事業体が締結相手となる国家、地方政府または地方公共団体である場合、このテストの要件を満たします。 

Tax exempt pension trust or pension fund: 

  • 免税年金信託または年金基金—信託または基金の受益者または参加者の過半数が信託または基金自体の居住国の居住者であることがこのテストの原則的要件となります。

Other tax exempt organization: 

  • その他の免税組織—宗教、慈善、科学、芸術、文化、教育に関する組織の受益者、構成員または参加者の過半数が組織の居住国の居住者であることがこのテストの原則的要件となります。 

Publicly traded corporation: 

  • 上場法人—法人の主たる種類の株式がその居住国の著名な株式取引所で主としてかつ定期的に取引されることがこのテストの原則的要件となります(ほかの条約で、米国か条約国、または主要管理地が居住国である場合は特定第三国のいずれかでの取引が許容される場合があります)。

Subsidiary of a publicly traded corporation: 

  • 上場法人子会社—会社株式の議決権および価値の過半数が上場法人テストの要件を満たす5社以下の上場法人(すべての法人が米国または当該子会社と同じ国に在住する場 合に限ります)によって直接または間接的に所有されていることが、このテストの原則的要件となります。

Company that meets the ownership and base erosion test: 

  • 所有権および税源侵食テストを満たす会社—会社の株式の議決権および価値の過半数が当該会社と同じ国に在住する個人、政府、免税事業体および上場法人によって直接または間接的に所有されていることが、このテストの原則的要件となります。ただし、過半数の所有権を持つすべての会社が同じ国の居住者であり、かつ所有権テストの有効株主以外の者に直接または間接的に支払済みであるか未払処理される金額が被所有会社の総所得の50%を超えない場合に限ります。 

Company that meets the derivative benefits test: 

  • 派生的受益テストを満たす会社—このテストは通常、 NAFTA、EU、およびEEA加盟国の条約に限定され、所得項目の全部または一部(利息、配当、ロイヤリティ)にのみ適用される場合があります。原則的に、会社の株式の累積議決権および価値の95%超が7社以下の相当受益者によって直接または間接的に所有されていることが要件となります。ここで相当受益者とは、EU、EEA、NAFTA加盟国の居住者であり、かつ米国と締結した条約のLOB条項に含まれる所有権テストのいずれか(株式所有権および税源浸食テストを除きます)に基づき同一の受益を受ける資格が与えられている最終受益者を指します。このほか、相当受益者以外の者に直接または間接的に支払済みであるか未払処理される金額が被 所有会社の総所得の50%を超えないことも要件となります。

Company with an item of income that meets active trade or business test:  

  • 能動的な事業テストを満たす所得項目を有する会社—会社が居住国で事業に能動的に従事しており、支払者が関連当事者である場合は、当該国での活動が自己の米国での活 動と実質的に関連しており、所得がこうした取引または事業 に関連してまたは付随して発生することがこのテストの原則 的要件となります。 

Favorable discretionary determination by the U.S. competent authority received: 

  • 有利な裁量判断を受領済み—適用される条約のLOBテストの特定目的を満たさないものの、会社が要求する恩恵の申請を認めるという特典を認める米国監督当局からの有利 な裁量判断を取得することがこのテストの要件となります。 条約または専門的解釈で明示的に別途定める場合を除き、裁量的恩恵の申請の保留中は、裁量的恩恵を主張できません。 

Other (specify Article and paragraph): 

  • その他—上記に掲げられていないほかのLOBテスト(例: 本拠テスト)。申請の根拠とするほかのテストを特定するか、

条約にLOB条項がない場合は「N/A(該当なし)」と記入します。例えば、米国とオランダの租税条約での本拠テストを満たす場合、指定欄に「本拠テスト、第26(5)条」と記入します。     

 

日本の企業は記のいずれかに当たるという認識です 

- Publicly traded corporation (上場法人) 

- Subsidiary of a publicly traded corporation (上場法人子会社) 

- Company that meets the ownership and base erosion test (所有権および税源侵食テストを満たす会社) 

※最終的なご確認は貴社法務、財務関係の方とご確認をお勧めいたします。 

12. 納税申告書の電子処理ができない場合

納税申告書の電子処理ができないパブリッシャー様は、W-8BEN-E をダウンロードし記入した書類をbilling@pubmatic.com(英語) または各担当者までお送りください。 

その内容に基づいてアカウントの確認と更新を実施いたします。  

フォームは以下よりダウンロードできます。 

W-9 

W-8BEN-E 

13. 登録完了後に住所や銀行情報を更新する必要がある場合

PubMatic UIに再度ログインしその情報を変更し、更新することができます。住所の変更によっては、銀行や納税申告書が無効になる場合がありますが、事前に警告が表示されます。その情報を無効にする場合簡易に情報を再び更新することができます。


⇧ Top

Do you have feedback on this document? Let us know: email us.

Table of Contents